悪玉コレステロールとは

悪玉コレステロールを下げる方法!

悪玉コレステロールとは

.

悪玉コレステロールとは

コレステロール

HDLコレステロールを善玉コレステロールというのに対して、LDLコレステロールのことを悪玉コレステロールと呼びます。「悪玉」という響きから体に悪いコレステロールと思われがちですが、そんなことはありません。コレステロールは善玉コレステロールにしても悪玉コレステロールにしても人間の体には欠かせないものです。ただ基準の一定量を過剰に超えたり過剰に下回ったりすると体に良くない症状が出ます。特にコレステロールが高い場合、動脈硬化などの症状を引き起こすことが知られています。その大きな原因となるのがLDLコレステロール値の高さです。そのため、LDLコレステロールは病気を引き起こす悪い要因ということで悪玉コレステロールと言われているのです。


ページのトップへ ▲

悪玉コレステロールとトランス脂肪酸

マーガリン

悪玉コレステロールを下げるためには、まず食事療法が基本となりますが、注意して避けておきたい成分の一つに「トランス脂肪酸」があります。トランス脂肪酸は、マーガリンをはじめパンやクッキーなどにも含まれている脂肪酸の一種です。そのトランス脂肪酸が最近は健康被害を及ぼすものとして注目を集めています。というのもトランス脂肪酸は、悪玉コレステロールを増やし善玉コレステロールを減らしてしまうという性質を持っていることが判明したからです。悪玉コレステロールを増やし善玉コレステロールを減らしてしまうということは、動脈硬化や心臓疾患を引き起こしやすくなるということです。数年前にこのような実験結果が出てから、欧米を中心にマーガリンを使わない方向に傾いてきています。なかにはトランス脂肪酸が含まれるマーガリンは発売が禁止される国も出てきています。日本ではまだあまりトランス脂肪酸への危険意識は高くありませんが、悪玉コレステロールを下げたい人は避けるようにした方が良いでしょう。


ページのトップへ ▲

悪玉コレステロールとにんにく

にんにく

逆に悪玉コレステロールを下げるために食べた方が良いものといえば「にんにく」です。匂いが気になるにんにくですが、実はにんにくには悪玉コレステロールを生成しにくくする働きがあると言われており、結果的に悪玉コレステロールを下げてくれるのです。にんにくは量を摂るのは難しいですが、悪玉コレステロールをコントロールしたい人は、炒め物や煮物などにプラスして積極的に取り入れると良いでしょう。そのままでは食べにくいという人は、にんにく入りのサプリメントなどを利用すると手軽に摂取することができます。


ページのトップへ ▲

イマーク

| ホーム | コレステロールとは | 高いとどうなる? | コレステロールを下げる方法 | コレステロールと中性脂肪について | 下げる薬と副作用 | HDLとは | HDLが高いとどうなる | LDLとは | 悪玉とは | 善玉とは | 正常値・基準値 | 値を下げる食事(食品) | 総コレステロールとは | 総コレステロールを下げる方法 | 高コレステロールとは | 高血症とは | 低コレステロールとは | 低血症とは | 血中コレステロールとは | 家族性高血症とは | 減らす薬 | 減らす方法 | 減らす食品 | 減らす食事 | お茶が効果的? | 減らすには | 減らすサプリメント | 下げる薬 | 悪玉コレステロールを下げる方法 | 下げる食品 | 下げる食事 | 下げるには | 下げるサプリメント | 減らし方 | 牛乳が効く? | ヨーグルトが効く? |

Copyright (C) 悪玉コレステロールを下げる方法! All Rights Reserved.