コレステロールを下げる薬と副作用

悪玉コレステロールを下げる方法!

コレステロールを下げる薬と副作用

.

コレステロールを下げる薬とは?

薬

現在、日本においてコレステロールが高い人は2000万人以上と言われています。そのためコレステロールを下げる薬は症状にあわせて使い分けられるほど多く開発されています。しかも効果が高く副作用が比較的少ない薬が多いので選択の幅は広いと言えるでしょう。コレステロールを下げる薬にはいくつか種類があります。例えば「スタチン系」「陰イオン交換樹脂」「プロブコール」「フィブラート系」「ニコチン酸系」などです。なかでも「スタチン系」はコレステロールの生合成を抑えてコレステロールを下げる薬としてよく用いられています。実際の治療ではこれらの薬の特徴と症状にあわせて適切な薬が投与されることになります。


ページのトップへ ▲

コレステロールを下げる薬の副作用

副作用

コレステロールを下げる薬の副作用は比較的少ないとはいえ全くないわけではありません。現在のコレステロールを下げる薬の多くに胃腸障害、肝臓障害などの副作用がありますので注意が必要です。またコレステロールを下げる薬としてよく用いられている「スタチン系」の副作用としてよく知られているのが筋肉に強い衝撃が加わるなどして手足の痛みやだるさが出る「横紋筋融解症」です。横紋筋融解症が副作用としてあらわれるのは極稀なことですが副作用の一つとして知っておくと良いでしょう。また最近は薬の開発が進んでコレステロールを下げる薬も新薬が続々登場しています。これらの新薬も副作用は少なく安全性が確認されていますが、飲み続けるうちに副作用があらわれることもあるかもしれませんので充分注意が必要です。基本的に多くの薬に副作用があることを考えるとコレステロールを下げる薬に対しても必要以上に構えることはありませんが、体質や薬の使い方などによって副作用がより発生しやすくなることもありますので、薬は医師の指導のもと適切に飲むことが大切です。


ページのトップへ ▲

コレステロールを下げる効果が出たら薬をやめてもいいの?

医師と相談

薬による治療で一旦コレステロールを下げる効果が出ても、食事や生活習慣が乱れると再びコレステロール値が上がることがあります。規則正しい食生活や生活習慣が守れると思われる人の場合は薬の量を減らしたり中止したりすることもありますが、遺伝的に難しい場合またはそのほかの病気などにより継続して飲み続けなければならない場合は続けて服用することが必要になります。いずれにしても症状によりますので薬の副作用を含めて気になることがある場合はかかりつけの医師とご相談下さい。


ページのトップへ ▲

イマーク

| ホーム | コレステロールとは | 高いとどうなる? | コレステロールを下げる方法 | コレステロールと中性脂肪について | 下げる薬と副作用 | HDLとは | HDLが高いとどうなる | LDLとは | 悪玉とは | 善玉とは | 正常値・基準値 | 値を下げる食事(食品) | 総コレステロールとは | 総コレステロールを下げる方法 | 高コレステロールとは | 高血症とは | 低コレステロールとは | 低血症とは | 血中コレステロールとは | 家族性高血症とは | 減らす薬 | 減らす方法 | 減らす食品 | 減らす食事 | お茶が効果的? | 減らすには | 減らすサプリメント | 下げる薬 | 悪玉コレステロールを下げる方法 | 下げる食品 | 下げる食事 | 下げるには | 下げるサプリメント | 減らし方 | 牛乳が効く? | ヨーグルトが効く? |

Copyright (C) 悪玉コレステロールを下げる方法! All Rights Reserved.